JA長崎県中央会

長崎県農業協同組合中央会(JA長崎中央会)

中央会とは

中央会とは、JA・連合会(県域組織)の健全な発展を図ることを目的に、農業協同組合法に基づいて設立されたJAの支援組織です。
JAとJA連合会(県域組織)を会員として、会員組織間の連携・調整機能を果たしながら、経営基盤の強化のための支援をはじめ、情報システムの管理や人材育成・教育関連事業、行政庁(県・国)に対する政策・要望・要請などを行っており、極めて公共性の高い非営利法人です。

JA長崎県中央会は長崎県を区域とする県中央会です。JAグループ長崎の代表機能を有する総合支援機関であり、「農業協同組合及び農業協同組合連合会」の健全な発展を図ることを目的としています。

また、全国組織として都道府県の中央会・連合会を会員とするJA全中(全国農業協同組合中央会)があります。

 

1.役職員

1)役員(令和3年4月1日現在)

  • 代表理事会長  勇次
  • 副会長理事 山川 重幸
  • 専務理事 大久保 一彦
  • 理事 川﨑 裕司
  • 理事 苑田 康治
  • 理事 田中 芳秀
  • 理事 真壁 正二郎
  • 代表監事 家永 嘉弘
  • 監事 縫田 和己

2)職員(令和3年4月1日現在)

  • 正職員数38名(うち女性11名)

2.事務所

〒850-0862
長崎市出島町1番20号 長崎県JA会館

3.会員

1)単位組合 7組合
2)全国区域連合会 2連合会

 

業務内容

■地域農業振興に関する事項

長崎県農業の振興、担い手育成・支援対策の推進、農家経営支援対策の推進、営農指導事業機能の強化、食の安全・安心対策の推進、販売事業改革への対応等

■地域への事業展開に関する事項

県JAグループの総合力発揮による質の高い事業展開に向けた企画指導、組合員加入促進・JA運営女性参画促進指導

■農政活動

国・県への農業政策提言など

■広報活動

「農と地域の共生」対策、食料・農業・農村に対する理解促進等

■食農教育、地産地消運動の推進に関する事項

食農教育活動、地産地消運動の推進、JA直売所ネットワークの展開等

■JA組織基盤強化対策に関する企画指導

JA青年組織・女性組織の活性化対策、家の光三誌、日本農業新聞の普及と活用

■生活支援に関する事項

組合員の生活向上に関するJAの取り組み支援、高齢者福祉対策

■長崎県JA総合情報システムの運営

情報センターの安定運行、システムの機能拡充等

■経営相談・リスク管理

JA経営の健全化・高度化に向けた支援、JA役職員へのコンプライアンスに対する意識付けやリスク管理態勢の整備等の支援

■相談業務

会計・税務・法務関係をはじめとしたJAからの相談対応

■JA役職員教育

JAの人事制度と連動した教育研修の実践指導、戦略型人材育成研修の実施、職員資格認定試験の実施等

組織図(令和3年4月1日現在)